論文募集:学会誌「文化経済学」

学会誌「文化経済学」編集部からのお願い

「文化経済学」は、年2回発行され、年2回の区切りで投稿論文を受け付けています。

<投稿条件>

  • 本学会員に限ります。
    (会費を滞納されている方は除く。)
    (学会員以外の方は、事前に入会申込をしてください。)

<掲載条件>

  • 査読委員の審査を経て掲載が妥当と認められること。
  • 掲載料をお支払いいただくこと。
    (2ページ毎に6,000円、ただし、50部の抜き刷りを配布いたします。)

投稿にあたっては、次の点に留意してください。

  • 過去の研究への言及と、従来の研究の流れの中での自己の研究の位置づけ、または独自性が明確になっていること。
  • 論証や実証に必要な文献・資料の参照が行われていること。
  • 歴史的事実等については、事実が正確であるかどうかの確認を行っていること。
  • 投稿する論文は未公表のものであること、また、他の学術誌等への投稿の予定がないものに限る。

文化経済学会<日本> 論文募集要項

執筆要項

掲載原稿の提出形式です。原稿提出前に必ずご参照ください。

論文の投稿・提出

(1)投稿論文
  • 研究大会で発表した研究を論文として整えたもの
  • 文化・芸術に関する社会・経済的な研究
    (いずれも他の学会等で未発表のもの)
(2)論文提出
(年2回)
締切厳守
提出3月末
提出9月末
(3)論文分量
  • 9,000字~18,000字を目安とする。(字数には表題部を含む)
(4)提出形式
  1. 執筆要項」に則って原稿を作成すること。PDF形式の論文データを、論文提出締切日までに「オンライン投稿査読システム」を利用して投稿する。
  2. フォントサイズは11ポイントとし、適切な余白をとってよみやすくしておくこと。
  3. 提出原稿に、字数を明記しておくこと。
  4. 英文要約については、かならずネイティブチェックにかけること。
  5. 図表データがある場合は、各データを本文データのものとは別個のファイルとしても保存し、本文データとともに「オンライン投稿査読システム」から送信すること。
(5)論文審査 各編2名以上の査読委員の審査を受け、合否を判定します。
1回限り、修正再査読を認めます。
  • 投稿原稿は、採否に関わりなく返却いたしません。
(6)備考
  • 掲載には、査読料(2ページごとに6,000円)が必要です。(合格後にご請求いたします。)
  • 抜刷50冊無料配布いたします。
  • 発行3月末/9月末(予定)
  • 印刷はモノクロです。
  • 原稿は返却いたしません。
  • 同一執筆者によって投稿された原稿の、号をまたいでの連続掲載は二回までとします。

投稿先

論文の投稿はオンライン投稿システムにより受付いたします(会費未納の場合投稿できません)。


<問い合わせ先>
 文化経済学会<日本> 編集委員会
 e-mail: g018jace-mng@ml.gakkai.ne.jp